遺言書の保管方法

金庫

遺言書は遺産相続を円滑に行うためにもあるとよいとされています。遺言書は書面で書くのが一般的ですが、その遺言書を相続人に見つけてもらわなければ意味がありません。

発見されないでそのまま放置されると、せっかく作成している遺言書でもその効果はないのです。つまり遺言書の保管場所は、相続人などにすぐに見つめてもらえる場所に保管しなければいけません。しかしあまりにわかりやすい場所に置いていると、勝手に書き換えられる恐れもありませんので、安全な場所においておくことも大切なのです。

弁護士と税理士に遺言補間を頼む

最も安全で確かな保管方法としては、弁護士や税理士の先生に保管を頼む方法でしょう。遺言書を作成する時は素人だけではわからないので弁護士の先生に一緒に作成をするケースが多いです。保管に関しても、作成の際にアドバイスをしてくれた弁護士に頼むのがよいと言われています。弁護士に保管を頼めば、職務上守秘義務がありますので、他の人に保管場所が漏えいすることはありません。家族には弁護士に預けてあると伝えておくとよいでしょう。遺産相続トラブル体験談を起こさないためにも遺言書は用意しておきましょう。

遺産の預貯金を引き出すために必要な手続きとは?

遺産相続体験談を見ると、親族間でのトラブルはもちろんのこと、相続の手続きが面倒で大変と感じている人も多いようです。遺産相続での手続きは普段経験しない様々な手続きが必要になりますので、事前に知っておいても損はないでしょう。

遺言書に従って、例えばご主人が亡くなった場合、ご主人の預金を引き出そうと銀行に行ったけれど全ての取引が停止されており、預金引き出しができないといったトラブルが発生することがあります。この場合いくつかの手続きをしなければならないのです。銀行や郵便局などの金融機関では、預貯金の名義人が死亡すると全ての取引を金融機関側で停止します。これは相続の手続き前に勝手に引き出さないようにするための処置です。まずは預金については口座の名義変更が必要になります。また名義変更ではなく、その口座を解約して払い戻しをするでもOKです。この場合、所定の相続届を提出しなければなりません。相続届には相続人全員分の署名と実印による押印が必要になります。分からないことがあれば、うやむやにせずに専門家である税理士や弁護士に相談をしましょう。